無料ブログはココログ

トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

娘が嫁に行く・・

今度の日曜日、娘が家を出る。

二人娘の、長女のほう

(妹は、3匹の子豚ちゃん達のママ)

21才で、「子供が子供を育てるのか??」って

結婚を反対されて、いろんな悲しい思いをしながら産んだ子。

その時のことは、また、後日書こう・・

その子が、もう、28歳になった。

10年付き合ってた人と、昨年の10月に入籍。

でも、彼が名古屋に単身赴任中で、娘は、家にいた。

だから、姓は変わっても、私たちの生活に変わりはなかった・・

その彼が、今度、こっちに帰ってくる。

3週間くらい前から、2人で、部屋探し、家具などの買い物、引越しの用意と、

週末は忙しそうだった。

「お母さんも、心の準備、しといてね」

そう言われながらも、まだまだ、先だと思ってたが、

もう、後3日になってしまった・・

「私がいなくなると、淋しくなるねー」

と言う娘に、

「大丈夫だよー。3日で慣れるわー」

と、強がっていたが、やっぱり、淋しいよ

部屋に積んであるダンボール見ると、涙が出てくる

あー、行っちゃうんだーって・・

私が、体調崩してから、心配ばかりかけた

一人では、お風呂はいるのさえ不安だったとき、いつも、一緒に、入ってくれた

体の急激な変調、訳もわからず襲ってくる痛みと絶望感に、

もう、生きてることが辛くて、

「お母さんのこと好きなら、もう、死なせてよ。」

と、泣いて訴える私に、

「お母さんのことが好きだから、がんばって生きてよ」

って、大きな目に、涙いっぱいためて、背中をさすってくれたね。

「もう、生きてるのいやだー」

って、ふらふらしながら、家を飛び出したときも、

ずっとついて来て、

泣きながら、「お母さん、帰ろう」って・・

「お母さんが帰らないのなら、私も帰らない」って・・

いっぱい泣かせたね

誰からも愛されますように・・

愛の尊さを知る子に育ちますように・・

そう願いを込めて「愛」と名づけた

まだ、おなかの中にいるときから、名前が決まってたんだよ。

その願いのとおりの子に育ってくれた

その子が、自分の愛する人を見つけて、幸せになろうとしている

うれしいんだよ・・

ほんとに、うれしいんだよ。

心から、祝福してるし、幸せになってほしいと願ってる

でも、涙が出てくるんだよ

なんでだろう、涙が止まらないよ

涙腺、壊れてしまったみたい・・

「行かないでよ」って、言葉が出そうになる・・

でも、日曜日には笑っておめでとうって、

がんばれって言ってみせる

たくさん泣いたからね、今までに・・

もう、お母さんのことは心配しないでいいよ

お父さんと、cyocoと、3人でやってくから・・

自分自身の「愛」を、彼と二人で、育てて行きなさい。

ほんとは、4月に、ディズニーランドのホテルで、挙式予定だった。

でも、今度の地震で、挙式は延期になった。

ウエディングドレス姿、見たかったな。

きっと、きれいだったんだろうね・・

でも、涙でにじんで、はっきり見えなかったんだろうな・・

ブログ書きながら、涙を流してる私を、

小さな黒い瞳が見つめている

心配そうに・・

Sp1000301

ずっと、そうだったね。cyoco・・

どんなに辛いときでも、見つめてる瞳がそばにあった

Sp1000305

私のそばに寄り添うcyocoがいた・・

がんばらなくちゃね・・

cyocoがいるんだもん。

Sp1000300

2011年3月29日 (火)

写真を撮るのも、楽じゃない・・

昨日、今日と、暖かい日が続いている

このまま、春になるのかなー??

cyocoとの散歩も、陽射しがぽかぽかで、暖かかった

散歩コースのおうちの、木蓮と、雪柳が見頃

写真を撮ろうと、デジカメを持って出たが、

この前、回覧が回ってたのを思い出した

町内で空き巣被害があったとのことで、

「よその家を覗き込んでたり、写真を撮ってる不審者を見かけたら、

警察へ連絡を」という回覧

「お花きれいだわー」と、のんきに写真撮ってたら、

警察に連絡されちゃう??

かといって、全然知らないお家のピンポン鳴らして、

「写真撮らせてください」って、余計、怪しいよ

結局、写真1枚も撮れず

cyocoの歩く姿だけ撮って帰ってきた

だいぶ、変なおばさんだったと思う

Sp1000226

だから、代わり映えしない写真・・

Sp1000225

ほんと、写真撮るのも、楽じゃない

2011年3月27日 (日)

春は、まだまだ??

昨日と今日は、cyocoと一緒に河川敷へ・・

もう、2年ぐらい続いてるのかな?

土日の、恒例行事になりました

雨の日とか、雨の次の日とか、用事のある日以外は、

主人と、cyocoと、時には、娘親子も一緒に・・

Sp1000235

きっと、私が元気だったら、行ってないと思います。

仕事が不規則だったし、家にいる時は、

寝てばかりいたからなー・・

(もしかして、寝すぎたから、不眠症??)

ワンコの散歩も、近所のコースを歩いてただけ・・

今ほど、季節の移り変わりも、近所に咲くお花にも、

気が付いてませんでした。

仕事して、子育てして、家の事して(主婦は適当だったけど)・

そのまま、いつまでも続くんだと信じて、疑いもしなかったなー・・

Sp1000243

河川敷の桜は、まだまだ、つぼみが少し膨らんだくらいです。

咲くのは、来週末くらいかな?

Sp1000233

来週末に、咲くんだろうか?

微妙な感じですね。

Sp1000282

河川敷は、お花見の準備で、草刈がすんでました。

可愛かった、雑草の小さな小花たちも、すべて、刈り取られてしまいました。

かわいそうに・・

昨日は、遠くの山のほうが、真っ白に・・

Sp1000234

(これは、開きかけの桃の花)

5分ほどで、元に戻りましたが、雪が降ってたみたい

3月も、もうすぐ終わりというのに、真冬のような寒さでした ・・

折り返し地点で、休憩タイム。

cyocoは,うれしそうに、お外ご飯(ドックフード+ジャーキー)

Sp1000295_3

帰りも、ルンルン

Sp1000285_2

先週までいた、野良ニャンコが、今週は、1匹もいなかった

もしかしたら、保健所に連れて行かれたのか

Dsc02008_2

すごく、心配・・・・

2011年3月25日 (金)

植物って強い!!

3月も、終わりに近づいているのに、

まだまだ寒い日が続いている。

いつもなら、桜の便りが聞こえてくる頃だというのに、

まだ、雪が降ってる地方もあるよう・・

cyocoの散歩の途中で、

アスファルトと塀の間に咲いている咲くさくら草(マラコイデス)を見つけた

去年のこぼれダネが、そこに根付いたのだろう

土もほとんどないところに・・

Sp1000230

そんな、過酷な環境でも、何も言わず

ただ、そこに咲いている・・

その姿に、心が温かくなった

生きるって、こういうことなんだ・・

自然に逆らわずに、自分のおかれた場所で、ひたすら生きる・・

私の庭の花たちも、花を咲かせ始めた

人間よりも敏感に、春の訪れを感じてるのだろう

Dsc02091

「春は、もう、そこまできてるよ・・」

Dsc02094

Dsc02093

Dsc02095

Dsc02096

花たちのささやきが聞こえた気がした

上の2つの写真は、雲南さくら草。

昨年の夏前に、種を蒔いて、育ててきた。

でも、育ったのは数株だけ・・

それが、きれいに花を咲かせてくれた。

マラコイデスも、たくさん苗を作ったんだけど、こちらも育ったのは数株・・

残りは、苗を買って植えたもの。

人が手をかけたものより、自生したもののほうが強いんだなー

Dsc02098

散歩、待ってるcyoco・・

まだかなー・・

待ちくたびれて・・

Sp1000224

あきらめモード・・

Sp1000223

2011年3月23日 (水)

ここは、私が・・

今日も、東京の水道水から、放射性物質が検出されたとか、

関東地方の計画停電は、12月まで続くとか、

暗いニュースばかりが、流れてくる。

聞いてるだけで、悲しくなる

みんなが、安心して、笑顔で暮らせる日は、

いったいいつ来るのか?

そんなことを考えながら、ぼーっとPC眺めてたら、

膝の上にcyocoが・・・

何もかかないの?

それならば、ここは、私が!!とばかりに、PCの前に・・

Sp1000206

彼女は、ワンコ代表として、言いたいことがあるのかも・・?

Sp1000211

一生懸命、画面を見つめる

ただ、悲しいかな、ワンコの手では、キーボードは打てず・・

あきらめたようです・・

Sp1000213

うーん・・と、ため息・・

そして、ふて寝・・

Sp1000214

のcyocoなのでしたまる

2011年3月22日 (火)

3匹のこぶたちゃん・・

昨日、久しぶりに、3人の孫がやってきました。

愛すべき3匹のこぶたちゃん

(夫が名づけました)

一番上が、4歳・・あれから、もう4年が過ぎたんだなー

うつ症状が、1番ひどい時に生まれてきた。

46歳で、初孫・・早いでしょ・・

周りは、みんな、「きっと、可愛いよ。うれしいでしょう」と

口をそろえて、言った。

でも、私は、うれしくなかった・・

生まれてくる子を、孫として認められるのか・・

ちゃんと愛してあげれるのか・・

そんなことを考えていた。

おかしいでしょ?

それくらい、精神的に病んでいた・・

そんな中で、生まれてきた孫・・

立ってるのもしんどいくらい、ふらふらしながら行った産婦人科で、

初めて、抱いた孫・・

腕の中の小さな命・・

かわいい・・涙が止まらなかった・・

ちゃんと、愛してあげれる!!

あー、まだ、私、まともなんだと思った。

それから、4年。次々に生まれてきた孫たち。

体調が悪くて、あまり、抱っこもしてあげれなかった。

もっと可愛がってあげたかったのに・・

泣き声にいらいらして、怖い顔してたね。

こんなばーばでごめんね。

でも、ずっと、見守ってるよ。

あなたたちが、元気で大きくなってくれるように祈ってる。

あなたたちの上に降りかかる不幸があるなら、

どうか、私の上に・・いつも、そう願っている。

cyocoは、いつもそばにいて、そんな私を見ていた。

心配そうに・・つぶらな瞳で・・

そして、私の代わりに、cyocoが、孫たちの遊び相手になってくれてた。

たとえ、たたかれても、毛をひっぱられても・・

cyocoは、3びきのこぶたちゃんたちが、大好き

でも、3びきのこぶたちゃんたちが帰ったら、疲れきって、この通り・・

Sp1000200

おつかれさま。cyoco・・

今日は、ゆっくり休んでね・・

Sp1000202_2

ありがとう、cyoco・・

Sp1000201

2011年3月20日 (日)

cyocoとお散歩、河川敷へ・・

今日は、日曜日。

お天気は曇り

cyocoは、朝からそわそわ、そわそわ

PCの前から、なかなか動こうとしないお母ちゃんに、

つぶらな瞳で、無言の圧力

「散歩、散歩、散歩・・」そわそわ、そわそわ

ちょっと待ってね、キラリ済ませるから・・

「お母ちゃんは、朝は、特に調子悪いんだよ」って言っても

通じないよね、・・・

「散歩、散歩、散歩・・」そわそわ、そわそわ・・

そして、ここのとこ、お休みの日、恒例の河川敷へ・・

ここは、桜の名所で有名なところ

Dsc02049

桜の季節には、たくさんの人が、お花見にくるんだよ

だから、お花見の時期は、来れないんだー。

Dsc02068

でも、今はまだ、人が少ないから、自由にお散歩できる。

cyocoの1番幸せな時間

Dsc02033

お母ちゃんが笑ってる

お父ちゃんが笑ってる

だから、cyocoはうれしい

Dsc02035_2

「ちょっと、くらくらするけど、来てよかったね」

たんぽぽや、なずな、小さな花たちが笑ってる

Dsc02061

また、来ようね

Dsc01997

振り向いたcyocoの瞳が笑っている

ブログデビュー・・

東北の地震、津波、原発事故・・

この大変な時に、ブログデビュー・・

迷いましたが、UPしました。

現在、うつ病と、不眠症と、自律神経失調症で、

何とか毎日を生きている今の私から、

10年後の私に向けて、日々の思いを綴っていこうと思います。

支えてくれる夫と、愛犬のcyocoと、2人の娘と、

10年後に見て、笑えればいいな・・・

Dsc02120

トップページ | 2011年4月 »