無料ブログはココログ

« もう、桜吹雪・・ | トップページ | 友達と・・ »

2011年4月12日 (火)

3年目の桜・・

今日は、月1回の通院日。

cyocoは、もちろん、お留守番

Sp1000497

毎月、夫が、有給休暇を取って、連れて行ってくれる。

今年は、病院の桜は見れないと思っていたが、

開花が遅れたので、満開の桜吹雪

Sp1000503

通い始めてから、約3年が経つのかな?

そうか、もう、あの日から、そんなに経つのか・・

あの日、夫が救急車を呼ばなかったら、

私は、今、どうなってたんだろう・・

ここにいなかったかもしれないな・・

1日に、1時間眠れるか、眠れないかの日が1年半続いて、

狂っていく身体に、神経が参ってしまってた。

訳のわからない痛みが、あちこちを襲う。

呼吸するたびに、気道に焼け付くような痛みが・・

もう、限界だった。

そして、決めた。

診療内科でもらって、効かないからと飲まずに置いてあった薬、

半年分、すべて一緒に飲もうと・・

死ねるとは思わなかった・・

でも、意識はなくなるだろう・・

この、つらい現実から逃げたかった・・

ただ、眠りたかった、痛みを忘れて・・

いつもとちがうと、夫が気が付いたのだろう。

救急車を呼んだ。

救急病院で、点滴を受けたが、何も効果はなかった。

「このまま、連れて帰れない。何とかしてくれ」と

夫が、先生に訴えてるのを、カーテン越しに聞きながら、

「あー、やっぱり、どうしようもないんだー、もう、いいよ。」

そう思った。

そしたら、「精神科の先生が、救急で見てくれます」と・・

救急病院の先生が、あちこち探してくれたよう。

夫と、夜8時過ぎに、タクシーで走ったのが今の病院・・

山手の暗闇に、うっそうと建っていた。

救急受付で見てくれたのが、今の主治医の先生。

涙ながらに訴える私に、その先生が言った。

「うつです。眠れるようにしましょう」

その一言で、もう1回だけ、この先生にかけてみようと思った・・

だめだったら、その時は、最後にしよう・・

そして、薬を処方してもらって、家に帰った。

これで、眠れるのだろうか?と半信半疑で、処方してもらった薬を飲んだら、

不思議なことに、朝まで、眠れた。

夫と娘も、私が眠ってるのを見て驚いたという。

1年半ぶりに眠って、少し、希望が見えた気がした。

もうちょっとがんばってみよう。

ちょっとだけ、勇気がわいた気がした。

次の日から、また、眠れなくなったが、

主治医の先生が、「薬、変えてみましょう。まだ、強い薬があるから」

と、考えてくれた。

前の心療内科では、「これ以上、強い薬は出せない」

と、1年半、同じ薬しか出してもらえなかったのに・・

「この薬は、そんなに強い薬ではないですよ」と・・

私の、これまでの1年半は何だったんだろう?

それから、毎月1回の受診。

最初は、寝たのか寝ないのかわからない日が続いた。

でも、訳のわからない痛みが、少しづつましになってくような気がした。

ほんのすこしづつだが・・

主治医の先生が、ちゃんと、訴えを聞いてくれ、

いろいろ考えてくれることに、信頼できると思った。

小さいが、希望の光がともった気がした。

それから、3年、やっと、眠れたと思うようになった。

まだ、たくさんの眠剤を飲まないとだが・・

眠剤を飲んでも、朝まで起きてようと思えば起きてられる。

普通の人なら、つねっても起きないというくらい強い眠剤と、

寝つきを良くする薬を3種類飲んでいるのだが・・

「先生、薬飲んでも、朝まで起きてられますよ、私」

そういうと、先生に怒られた。

「眠剤のんだら、ちゃんと、布団に入ってください!!」

あたりまえだよね。

私より若い先生だが、私にとっては、これ以上ない位の名医!!

親愛の情を込めて「なすび先生」と呼んでいる。

(もちろん、先生には内緒!)

なぜ、なすび先生かって?

顔が、野菜のなすびに似てるから・・

なすび先生がともしてくれた小さな光は、

今も、私の中で輝いている希望の光・・

だから、私は生きていける・・

きっと、がんばれる。

なすび先生のおかげで、笑えるようになった。

先生に感謝、そして、夫に感謝・・

まだ、自律神経失調症と、うつと、不眠・・

現在進行形・・

また、来年の桜も見れるかなー?

Sp1000501

« もう、桜吹雪・・ | トップページ | 友達と・・ »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

そんなに薬飲んだんですか・・・ご主人様も驚いたでしょうね!自分の高校の同級生が今同じ会社に居るのですが、ある出来事がきっかけで、不眠症になり、夜眠れず、会社の保健室みたいなところのベッドでいつも昼間寝てました。今は休職中ですが、会社には来ています。他人には分からない苦労なんでしょうね。「そんなに気にしないで、元気になったら帰ってきなよ・・・」と私は行っていますが、きっと本人にとってはなんでもプレッシャーになってしまうんでしょうね!自律神経には朝日を見るのが良いみたいですけど、そんなことでは駄目なんでしょうか。でもある程度習慣的に寝て、朝日を見ると良くなるみたいなことは良く聞きますよね。ネットでは相手が実際どんな人なのか分からない事も多いですが、知らない人だからこそ言えることもあります。いろんな人の生き方を聞いたり、自分の主張を訴えたりして聞いてもらうのもいいかもしれませんね!

人生って苦しいことの方が多いんですよね~ 人間って愚かですよね 病気になって初めて健康の幸せをかみしめるし、普段は足元にある幸せをついつい見失う
「人間万事塞翁が馬」
近塞上之人、有善術者。馬無故亡而入胡。人皆弔之。其父曰、此何遽不爲福乎。
塞上(さいじょう)に近(ちか)きの人(ひと)に、術(じゅつ)を善(よ)くする者(もの)有(あ)り。馬(うま)、故(ゆえ)無(な)くして亡(に)げて胡(こ)に入(い)る。人(ひと)皆(みな)之(これ)を弔(とむら)う。其(そ)の父(ちち)曰(いわ)く、此(こ)れ何遽(なん)ぞ福(ふく)と為(な)らざらんや、と。
覚えきれないので、自分はケセラセラと開き直ってます

体の痛みも心の痛みも、優しいご家族に支えられて、きっとよくなりますよ!
私も、母も、うつです。
だから、何か話したいことあれば、なんでもいいので教えてね。
もちろん、話したくないときも多いことは、同じ病気をもつものとしてよく分かるので、ふっと気が向いたときでも。
ほんとにつらいときは、良くなりたくもないもんね。
このままでいいや、最悪死んでもいいや、って、私もまだときどきあります。
母はもっと酷かったけど、何回も変えたお医者さん、薬。それである日突然変わったの。
大丈夫(*^_^*)

AIRさん、コメント、ありがとうございます。
薬飲む前に、夫が、察知したんですよ。
気づかれなかったら、その夜に、飲むつもりだったんです。
不眠症、ほんとにつらいんですよ。
人間の基本的な欲求ですもの。
きっと、AIRさんの同級生の方も、つらい思いをしてると思いますよ。
私の自律神経失調症も、不眠も、いろいろやってみたけど、ダメみたい。
もう、受け入れて、一緒に生きてくしかないのかなと思ってます。
いつか、治るのかな~・・
治ったら、そのときは、思いっきり泣こう。
涙は、そのときのためにとっておかなきゃ・・

カブさん、コメント、ありがとうございます。
そんなに、多くは望んでなかったんですよ。
自分と、家族と、親兄弟の健康と・・
あ、ワンコの健康も・・
望んでたのは、それだけだったのに・・
贅沢だったのかしら?
「人間万事、塞翁が馬」
むずかしですね・・
覚えられないわ、私も・・

じゃまいここさん、コメント、ありがとうございます。
じゃまいここさんも、お母様もうつなんですか?
いろいろ、つらいことがありますよねー。
いつまで、付き合っていくんだろうと思うと、
悲しくなることがあります。
何で私なの?
何が悪かったの?
どこで間違えたんだろう?
眠れない夜、そんなことばかり考えてたんです。
今は、うつ症状は落ち着いています。
今つらいのは、自律神経失調症・・
何かあったら、聞いてください。
ほんとに、うれしかったです。ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年目の桜・・:

« もう、桜吹雪・・ | トップページ | 友達と・・ »